1~3月の結果は26.32%のプラス

ご無沙汰しています、こばおです。子供の夜泣きがひどくてなかなか更新できませんでした。

タイトルの通り、1~3月の結果は26.32%のプラスという素晴らしい結果となっています。
昨年の結果(+30.29%)にもう少しというところまで迫っています。

3カ月連続のプラスで、マイナスの週も3回しかないという安定っぷりです。

昨年の今頃は年初来ほぼトントンの成績だったので、雲泥の差があります。

1~3月の特徴としては、hamhamsevenさんのブログにも述べられていますが、ボラティリティが非常に小さかったというものがあるでしょう。

hamhamsevenのblog -ボラティリティ-その2-

また騰落レシオが80を割ることもなく安定して推移していたことも印象深いです。

このため、短期的な逆張りや順張りをしている人は、シグナルがなかなかでなくて困っていたか、ちゃぶつきにやられて損失ばかりになっていたのではないでしょうか。

私もそういった取引も行っていますが、1~3月にメインで活躍してくれたのは、「新興株の長期保有戦略です」
詳細は言えませんが、新興株を対象に何カ月も保有する戦略を運用しています。
それらが昨年からいい感じにシグナルを出してくれており、パフォーマンスを押し上げてくれました。

さて早くも4月に入ってきました。新年度に入り、三菱UFJの藤戸さんは強気、ひふみ投信の藤野さんは弱気のようで、どちらが的中するか興味はあります。

が、あまり先行きは考えず、淡々とプログラムのシグナル通りにやっていきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする