投資家の目標設定(あるいはどうすれば桐谷さんに会えるか)について考える

早いもので、もう新年度になりました。
いい機会だと思い、今回、はじめて投資目標を立ててみました。

トップページにも書きましたが、2点あります。

 1)2024年末までに資産1億円を達成する
 2)優待投資家さん桐谷さんに会う

1)は純粋に投資のリターンに関する目標です。

私はこれまでネットでもリアルでも明確な目標は建ててきませんでした。
これは、たとえば「年率50%」などと掲げてしまうと、その目標を達成しようとするあまりに無茶なトレードをしてしまうことを危惧してのことです。

ただでさえ投資はメンタルとの勝負なので、自分で自分を追い詰めるようなことはしない方が得策だと思っています。
(まだ投資を始めて間もない方は、むやみに目標を立てないことをお勧めします。あるいは、「退場しない」という目標だけでよいでしょう)

なぜ今回目標を立てたのか。理由は2つあります。

ひとつは、自分の取引がある程度確立できており、無理なく安定して得られるリターンも目星がついてきたことです。
例えば過去5年間が+10%の利回りだったとすると、この後5年間も平均8%程度は狙えるだろうと考えられます。

私がシステムトレードを始めて丸5年が経ち、十分な過去のデータが出そろったことから、今回、無理のない範囲で目標を立てることができました。
年率の数字は伏せますが、最終的に2024年末までに資産1億円に達する、という目標が経ちました。

2つ目の理由は、良い意味でマンネリ感が出てきたためです。

最近、だんだんとモチベーションが欠けてきている自分に気づきました。むかしは会社から帰ったら即座に戦略を検証していたのですが、近頃は酒飲んでゲームばかりです。
その対策として、1億円という目標を建てました。
1億円というのは響きがいいですし、ねほりんぱほりんをみて「億り人」にあこがれたこともあります(笑)
ある程度、勇気があればセミリタイアを考えられる額でもあると思います。

また、目標には期限がなくてはただの願望でしかありません。
期限は先述したとおり、過去のデータから、無理ない程度のリターン値を求めて2024年と設定しています。

2)の桐谷さん目標は生活に張りを出したい、という欲望から来ています。

ここ最近の悩みですが、仕事もマンネリ化し、結婚して家庭を持ったあとは、世界がどんどん狭まってきているような気がしてならないのです。
いつもと同じメンバーで刺激のない毎日。飲み会も会社を除くとほとんどなくなってしまいました。

そんな時、投資家の方々の飲み会の内容がtwitterで流れてくると、うらやましくてたまらないのです。それに桐谷さんが参加しているとなるとなおさらです。

これは中谷彰宏さんの本にも書いてありましたし、ホリエモンも語っていたと思うのですが、面白い人は面白い人で固まっていて、つまらない人はつまらない人で固まっているものです。そして自分がどっちに属しているかというと、後者です。あるいは、後者から距離をとろうとした結果、孤独に陥っているか・・。

この状態を打破して、もっと「面白い人」になっていきたいと思います。

手始めに、ブログやtwitterを通して投資家の皆さんとよき情報交換ができたら、と思っています。

そして、ゆくゆくは桐谷さんの参加する飲み会に出られるような面白い人になれたらうれしいですね。

にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする