ソーシャルゲーム株のストップ高を追いかければ儲かるのか。

こばおです。

最近はソーシャルゲーム株がブームですね。

ガーラ、enish、オルトプラス、モブキャストなどなど爆騰した銘柄が数々あります。
そこでソーシャルゲーム株に絞ったシステムトレードができないか調べてみました。

イザナミには対象銘柄を個別に指定する機能があります。
株探のページに行き、テーマ株で「ソーシャルゲーム」を選ぶと53銘柄出てきます。これを対象にしてシステムを作ります。

仕掛け条件:
・ストップ高の-1tickの逆指値で仕掛ける。

決済条件は2パターン考えました。
・パターン1:5日移動平均線割れで売る
・パターン2:翌日寄り付きで成行決済

まずはパターン1の場合

勝率は4割切りますが、期待値は1.78%となかなかです。
そして最も印象的なのは今年(2017年)は非常に好調ということです。

パターン2の場合

勝率は5割程度に増えますが、期待値が大きく減ります。
また、年単位でみても、大きな損失がない代わりに大きな利益も出せない状況になっています。

まとめ。

いくつかストラテジーを考えましたが、なかなか運用できるレベルには程遠い気がしています。

ただ全銘柄を対象にして同じストラテジーをすると期待値は大きなマイナスになりますので、テーマを絞ってやっていく、というのは有効なやり方ではあるのでしょう。

2017年の上半期はソシャゲが有効なテーマな一年でした。ソシャゲが有効でなかった2016年も別の何かのテーマが有効だったのだと思います(フィンテックかな?)。

だんだんシステムトレードと離れていっている気がしますが、テーマを絞って対象銘柄を変えながらやっていくことで、常に高い勝率と期待値を維持することも可能と思います。

いわゆる億トレの裁量トレーダーの人たちが実践していることが、ずばり今回の「テーマ株を絞る&勢いについていく」のストラテジーなのかもしれません。

よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

システムトレードランキング




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする