サラリーマンの優待ランチ縛り生活を考える。

こばおです。

今週は毎日のランチをすべて優待券で済ませています。

ふと、ちゃりで爆走する桐谷さんのような破天荒な優待生活は無理でも、サラリーマンのランチをすべて優待券で済ませる、「サラリーマン・優待ランチ縛り」生活なら自分にもできるのではないか、と思い検証してみました。

【条件】
・年間営業日を約250日として、そのすべてを株主優待で賄う。
・1回の食事は最低でも600円。
・外食の優待だけを対象にする。
・平日ランチに使える優待だけを対象にする。
・優待クロスを使える(制度空売りができる)銘柄だけを対象にする。
・極力少ない資金を効率的に利用して達成する。

以上を条件に月ごとの戦略を考えてみました。

【2、8月】
吉野家
→2000株(約350万)で24000円→600円で済ませて40回分(吉野家は1枚300円なのでここは節約して600円ランチ)

クリエイトレストランツ
→500株(約60万)で6000円→1回1000円でランチ 6回分

以上、410万円、ランチ46回分

【3、9月】
ゼンショー
→1000株(約200万)で年24000円→ランチ24回分

松屋フーズ
→100株(約40万)で20枚→ランチ20回分

コロワイド
→500株(約100万円)で年間40000円ポイント→ランチ40回分

以上、340万、ランチ84回分

【4月】
くらコーポレーション
→約250万で10000円分→ランチ10回分

テンポスバスターズ
→約20万円でランチ8回分

以上、270万円、ランチ18回分

【6、12月】
日本マクドナルドホールディングス
→500株(約250万)でバリューセット×30回×年2回となり、ランチ60回分

すかいらーく
→1000株(約170万)で年間69000円。毎回1000円に抑えると、ランチ69回分。

以上、約420万、ランチ129回分

これらをすべて総合すると、ピーク時420万円の資金さえあれば、ランチ297回!分の優待が手に入ることがわかりました。
毎回優待でランチした挙句、50回ぐらい誰かをおごることもできますね!

ランチ1回800円としても年間にすると約20万円。これを優待で賄えるわけです。
もちろん手数料や逆日歩を払う必要がありますが、食費は劇的に下がるでしょう。2~3万円程度でまとめることも可能ではないかと思います。

あとは店の問題ですね。テンポスバスターズ、くら寿司、コロワイド系、クリエイトレストラン系がランチタイムで行ける距離にある人でなければ無理。あるいは昼休みにチャリンコで爆走するか(笑)

または縛りを緩めてQUOカードによるコンビニ→社内(or車内)で食べる、をありにすれば相当楽になりますね。
忘れてましたが、ジェフグルメカードも有効活用できそうです。

私も無理のない範囲で優待縛り生活、やってみたいと思います!

よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

システムトレードランキング




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする