楽天証券に移って3か月たったので良い点と悪い点を挙げてみる。

GMOクリック証券が昨年末に手数料改悪を発表したのを機に、私は楽天証券に鞍替えし ました。
それから3か月たったのでいい点と悪い点をまとめてみたいと思います。
 
結論から言うと、満足度は80点ぐらい。このままなら使い続けていいかな、と思えるレベルです。
 
 

良い点1. 手数料が安い!

 移って1か月ほどで大口優遇が適用され、信用手数料が無料になりました。
 ほかの証券会社も同様の優遇措置はありますが、楽天が一番取りやすく、条件も明確だと思います。
 ちゃんとメールで通知してくれるのもありがたいです。
 
 いわゆるHYPER空売り(楽天では「一日信用」と呼ぶみたい)の手数料もSBIに比べると非常に安いです。
 この点はむかし記事にしました。
 

こばおです。 SBI証券にはHYPER空売りという仕組みがあります。 通常は空売りできない銘柄についても、HYPER空売りを使え...
 
 唯一不満なのは信用金利が高めなことですね。
 昔のGMOやこれから始まるDMM株の金利と比べると0.6%ほど高いです。
 たかが0.6%ですが、年間1000万立てる人にとっては6万円なのでけっこうな価格です。
 
 楽天でもさらなる大口優遇で信用金利が下がるのですが、億り人でないと無理なのが厳しい・・。
 この条件が緩和されれば100点なのですが。
 

良い点2.

 良い点1.で良いところの90%は語ってしまった気がします。

 ・取引規制が緩い
 ・大引不成注文が便利
 ・立会外分売ができる(当たらないけど)
 
 1と比べるとあまり大したものではないですが、細かな点でメリットがあります
 
 
 続いて悪い点を。

悪い点1.手数料込みの取引履歴は翌朝にならないと見れない

 初めて知ったとき、「まじかよ」としばらく放心状態でした。
 トレードの結果を当日のうちにいち早く検証したいのに、手数料込みの成績が見られないのは痛いです。
 もちろん自分で推測して出すことはできますが、逆日歩や一般信用手数料まで正確に計算するのは手間がかかります。

 この点は早急に改善してほしいものです。 

 

悪い点2.メニューがわかりにくい、画面も見にくい

 楽天市場の流れを汲んでいるのか、情報量が多くて見にくいうえに自分が今どこにいるのかわかりにくく、迷ってしまいます。
 
 似たような画面がたくさんあるのもバツです。信用建玉一覧画面と信用返済売り画面は似たような画面なのですが、統一できないでしょうか。
 

悪い点3.30分でログアウトされる

 SBI,GMOと比べても短い・・せめて1時間ほしい。
 あとポップアップのダイアログを出すのもやめてほしいです。ワンクリックですが、地味に苛立ちます。

悪い点4.保有銘柄のニュース一覧、前日比一覧が見れない

 
 SBI,GMOにはそういう機能があったのですが楽天にはないのでしょうか。知っている人いたら教えてください・・。
 あと、前日比の値動きが見られる画面もないというひどいありさま。
 材料が出ていたことにかなり後になってから気づくという状態です。
 
 

悪い点5.一般信用売り在庫が少ない

 最大手のSBIと比べるのもあれですが、SBIに比べると在庫切れが頻繁に起きるように思います。
 気になる人はSBIにも若干の資金を残しておくべきでは?

まとめ

 いろいろ書きましたが、手数料こそが最重要命題の私にとって、楽天は「移ってよかった」と思えるところでした。
 
  ・楽天が値上げする
  ・楽天より手数料が安い証券会社が現れる
 
 まではこのまま楽天証券で続けていこうと思います。

よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

システムトレードランキング




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする