ディズニーランド開園五周年ごとのオリエンタルランド株は儲かる?

今年はディズニーランド開園35周年の記念すべき年です。
私も優待券があるので行くつもりです。新しくなったイッツ・ア・スモールワールドも楽しみなのですが、やはり投資家としては運営元のオリエンタルランドの株価のほうも気になります。

そもそも開園5周年ごとの年、オリエンタルランドの株価は堅調なのでしょうか?
調べてみましょう。

5周年ごとの株価は弱い

OLC株 TOPIX 差分
2013 44.90% 51.50% -6.60%
2008 9.80% -41.80% 51.60%
2003 -8.10% 23.80% -31.90%
1998 -14.30% -7.50% -6.80%
平均 8.08% 6.50% 1.58%

リーマンショックのあった2008年はディフェンシブ銘柄として素晴らしいリターンでしたがほかの年はいまいちです。
平均するとほぼTOPIXと変わらないリターンです。

5周年の前の年は強い

5周年が話題になってから買っても遅いのかと考え、その前の年を調べてみました。

OLC株 TOPIX 差分
2017 55.50% 19.70% 35.80%
2012 28.80% 18.00% 10.80%
2007 8.20% -12.20% 20.40%
2002 -20.20% -18.30% -1.90%
1997 -24.80% -20.10% -4.70%
平均 9.50% -2.58% 12.08%

後述しますが2002はディズニーシーの開園の翌年で反動があったのかもしれません。1997年はあまりに過去(優待もなかったし)なので除くと、直近3回はいずれもTOPIXを上回るリターンです。

ディズニー自体が4月開園ということで、その年の1月初日に買うのはちょっと間に合わない感じでしょうか。株価は業績の半年前を行くといいますし、前の年のうちから買っておくほうが高リターンとなるのでしょう。特に夏枯れしやすい夏場が仕込み時かなあ、と思います。
じっさい、2017年7月1日は7631円で、2018年4月1日10740円。リターンは40.7%です。

5周年のあとの年は強い?

ほかにも5周年の後の年、シーの5周年の前の年を調べましたが、優位性は見つかりませんでした。

ディズニーシーはインパクトがあった

ディズニーシーは2001年9月に開園しました。その前後の年のリターンをまとめると以下の通り

OLC株 TOPIX 差分
2000 -12.90% -25.50% 12.60%
2001 17.80% -19.60% 37.40%
2002 -20.20% -18.30% -1.90%

シーは9月開園だったのでその年の1月に買っても果実を得ることができたようです。
というかシーが開園したころの相場はひどすぎますね。3年連続でTOPIXが20%前後のマイナス・・

シーの規模には及びませんが、ディズニーリゾートは更なる拡張を計画しているそうです。
拡張したエリアがオープンする年は狙い目で、その前後の年は弱含む可能性があります。

まとめ

・35周年の今年、オリエンタルランドの株価はあまり期待できない。その前の年が狙い目。
次は40周年の前の年、2022年の夏ごろに買って2023年春に売るのがおすすめか。
・ディズニーシーのアノマリーは要注意。大幅拡張の完了する半年~1年前から仕込んで、完了後、年内に売却するのがよさげ。

よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ
にほんブログ村

システムトレードランキング




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする